ゲームに身長は関係ないし。

160.8cmの世界から見る、さまざまなゲーム日記と日常。

ドラガリ第2章攻略!ストーリーまとめ

f:id:dezitariann777:20181025165800j:plain

 

がおー!

 

 

どうも、デジタルです。

本日は「ドラガリアロスト」。

 

 

はじめに。

ご無沙汰ドラガリ

はい。

久しぶりです、ドラガリです。

前回の更新はちょうど一か月前でした。。。

書きたくなくなったわけではなく、他のゲームが忙しかったってのと、書きたい記事が別にあったってのが言い訳です。

 

前回は第1章攻略まで。

第一章は攻略したのですが、その後「成長クエスト」や「金策クエスト」をこなしていました。

f:id:dezitariann777:20181025192627p:plain

▲真ん中の「デイリーボーナス」の下にある宝箱が大事。

これは「クエスト報酬とは別に、2回分レアアイテムをゲットできる」ということ。

これがかなり美味しいです。ログインを促す良い機能だと思います。

 

ある程度キャラを育てたところで、メインクエストを進め始めました。

インストールしてから14日以内に特定のクエストをクリアすると、10連無料チケットをゲットできます。

 

そのクエストの中に「第3章をクリア」があるので、パパッと進めちゃいましょう!!

 

本日は、第2章です。

 

第2章

「叛逆の王子『リベリアスプリンス』」

王都に戻り真実を知るため、聖城の脇門を出てミレージュ湖畔沿いを進む一同。

主人公は先の戦いの男を父上と信じていない様子です。

 

王都の近くまで戻ったところ、向こうからディアネル帝国の国旗を掲げた兵士の軍団が。

ディアネル帝国については前回の記事の「アルベリウス王について」をご覧ください。*1

まぁつまり、もう既に王都は敵の手に堕ちたということですね。

大体こういうときに最初に登場するのは、味方です。

リーフ登場。

f:id:dezitariann777:20181025195247j:plain

近衛騎士団の団長リーフが急いでデジタルの元へかけよってきました。

私たちの国は……

アルべリア王国は滅びました。

今の国名はディアネル―――

この国は「ディアネル帝国」となったのです。

(中略)

殿下!危険です!

どうか今すぐここから離れてください!

ホントいいやつだな!!!

きっと物語中盤辺りでコチラに剣を向けざるを得ない状況になるでしょう。

なんとなくそんな気がします。王道な展開。

 

ハール登場。

そこへ、王都守備隊の隊長ハールがやってきます。

f:id:dezitariann777:20181025195843j:plain

これはこれは、大罪人のデジタル殿下!

こんなところで会えるとは!

いやはや、助かりましたよ。これで国中を探す手間が省けました。

第一声から分かる「あーこいつ最後まで敵になる大物だな。」感

どうやら、ゼシア姫*2を誘拐した罪を擦り付けられたようです。

 

f:id:dezitariann777:20181025200347p:plain

f:id:dezitariann777:20181025200435p:plain

言われてみれば、主人公って七つの大罪のメリオダスに似てるね。

こりゃ大罪人ですわ。

 

エミュール登場。

そこへまたまた新キャラがやってきます。

f:id:dezitariann777:20181025195840j:plain

あっはっは!残念だったね!

父上が、捕縛せよと命令したんだよ!

この僕・・・エミュールにね!

エミュールは主人公の兄です。

第一声とイラストから分かる、超小物感。

そしてこういうタイプは後々デレて味方になります。わかる??

 

エミュールは主人公に嫉妬している様子。

父上らしき敵から命令されたのですが、父上という器が自分を頼ってくれたので、心底嬉しい様子。

 

主人公たちは一旦引きますが、「叛逆の王子(リベリアスプリンス)」という異名を付けられてしまいます。

かっけー。

 

逃げて逃げて、数日後。

リュカとの出会い

逃亡を続けて数日後・・・。

傷だらけになったフォレスティア族のリュカと出会います。

f:id:dezitariann777:20181025165807j:plain

どうやら、第六位王子*3がリュカたちの集落を襲ったようです。

集落を守るためドラゴンに立ち向かうも、その差は歴然。

返り討ちにあったというわけです。

 

残虐非道な侵略は、はるか昔のディアネル帝国そのもの。

各地への見せしめとして集落などを襲っている様子。やだやだ><

 

主人公は集落を守りに、リュカと共についていくといいます。

最初は「巻き込むわけにはいかない!」と拒むリュカくんですが、王子の目を見て決意を固めます。

長老が言ってたのさ。

今の帝国が罪人扱いするなら、その王子こそ正しき者」だってな。

その通りだよ~~~~~~;;;;;;;;

悪くないんだから;;;;; 

ちょうろう~~~~~~~~~~~~~~~;;;;;;;;;;;;;

 

集落に到着だが・・・。

集落へつくと、そこは酷い光景が広がっていました

建物は壊され、住民も見当たらない。

f:id:dezitariann777:20181025203911j:plain

そこに、リュカくんの妹であるシーリスちゃんが。

どうやら帝国軍に連れていかれました。

主人公たちは後を追います。

 

 

f:id:dezitariann777:20181025203849j:plain

ここでリュカのセリフ「俺の妹だ!助けたい!」ってのがあるんですが、これすごく良くないですか??

特に「助けたい!」ってセリフ。

 

先ほど自分をボコボコにしてきた敵が目の前にいるのに、危険を顧みず行動を明白にする。

そしてさっき出会ったばかりの正しき王子に、「助けたいんだけど…どうしよう」のようではなく、ハッキリ伝える

 

「助けよう!」でも「助けてほしい!」でもないです。「たい!」です。

あぁ^~*4

 

長老のファインプレー

さて、シーリスの後を追い、無事にシーリスを救出。

彼女によると、他の皆は避難に成功したようです。

みんな無事だよ!

長老様が帝国軍に気づいてくれて、先に避難できたの!

長老、有能すぎひんか?????????????

 

しかし、いずれ皆が避難した隠れ家も帝国に襲われてしまう事でしょう。

まずは周りの魔物を討伐してから、決戦に備えることにします。*5

 

青の契約竜

エミュールと兵士の分断

時が過ぎ、作戦の時が満ちました。

フォレスティア族が得意とする弓矢で、エミュールと兵士を分断します。

f:id:dezitariann777:20181025203843j:plain

小物~wwwwwwwww

 

その後、挑発に挑発を重ね、エミュールをおびき寄せます。

 

『ドラガリア』とは

隙あらば語るミドガルズオルム

さて、エミュールからをおびき寄せている最中、前回第1章で契約した緑のドラゴンであるミドガルズオルムが、『ドラガリア』について語り始めます。

突然語るよ~ww

でも、重要そうなのでここにメモ書きとして書いておきます。

ドラガリアとはすなわち――ドラゴンと人との絆

例えば、契約石もそのひとつだ。

(中略)

最大のもの*6は、今より1000年前に生まれた『原初の契約石』だ。

1000年前、敵対していた人間とドラゴンは、若いし、互いを尊ぶ契約を交わした。

その時、原初の契約石は生まれたのだ。

(中略)

その結晶の放つ光は…ドラゴンを尊ぶ英雄の中に溶け入り、『竜の血』となった

主人公やエミュールは竜の血を受け継いでいるので、ドラゴンと契約できます。

竜の血ってそういうことだったんですねぇ。

 

決戦。

VS 青竜

さて、エミュール戦です。

エミュールが契約しているドラゴンは青のドラゴンです。(以下、青竜)

f:id:dezitariann777:20181025165804j:plain

ただ、こういったセリフから察するに、契約はしたものの信頼は無さそう。

青竜に命令し、主人公を倒すように命令します。

 

f:id:dezitariann777:20181025165800j:plain

VS マーキュリー(青竜)

  • 2章の最終節だけあって、若干強い印象。
  • そして、主人公の属性が炎なので厳しい戦いを強いられます。*7
  • しかし、第1章の時に仲間にしたランザーヴ*8や、これまた第1章で契約した「突然自分語りミドガルズオルムさん」を育てていれば、それほど脅威じゃないはず・・・!

 

なんだかんだ撃退します。(雑)

f:id:dezitariann777:20181025210017j:plain

うるせえ!オレをバカにするな!

兄上も……姉上も……貴様も!

いつもそうだ!上から言いやがって!

 

オレはすごいんだ!

本気を出せば最強なんだ!

 

だから……ドラゴン!立て!

かなしい(´・ω・`)

エミュールなりの苦労が伺えます。

イラつかせながら青竜を蹴り倒します。

 

そこへ、大正義リュカくん登場。

青竜を庇い、「何故私を庇うのか?」と青竜に問われます。

f:id:dezitariann777:20181025210303j:plain

アンタ、手加減しただろ?そのおかげでオレは生きてる。

借りを返しただけだ。

 

オレはアンタ相手に無茶したこと、後悔してねぇ。

守りたいものを守るため、命を張ったから、胸を張っていられる!

(中略)

アンタはどうだ青竜!

望まない主に使え、誇りを貶められ……

アンタは何を守りたい!

このセリフで、エミュールが集落を襲った際に、青竜が手加減していたことが発覚します。

不本意だったんだね。

 

青竜は「財力と権力をもって、私の宝である土地を守ると誓ってくれた。」といいます。

しかしエミュールは、そんな土地なんてどうでもいい発言

やっちまったなぁ~~~~~~~~!!!!!!!!!

 

すかさず主人公が仕掛けます。

f:id:dezitariann777:20181025165757j:plain

これはハーレム主人公。

青竜はちょろいので、心を入れ替え、「竜環の断絶」を行います。

生死を賭けた『竜環の断絶』を!

たとえ散華し、マナに帰そうとも。

 

・・・

 

f:id:dezitariann777:20181025165753j:plain

寝取っちゃったよ!!!!!!!

 

どうやら、竜環の断絶とやらをすることで、無理やり契約を切ることが可能らしい。*9

エミュールから主人公へ、契約が移りました。

 

と、同時に、主人公が契約したドラゴンもワンチャン敵に持っていかれるフラグも立ちました。

これは物語後半とかでくるのかな~~~

すーぐ考察しちゃいますね。

 

エミュールは結果的に撃退したが・・・

主人公がエミュールと闘っている間に、アローラス王子*10アドラ火山にいました。

そのアドラ火山にいる緋竜を倒そうとしている様子。

 

主人公は、急いでアドラ火山へ向かいます。

 

 

 

第2章、おわり。

 

さいごに。

ボリュームがすごい。

 

ちゃんと書いたら、記事1つ分になってしまいました。

予定ではこの記事で第3章についても書こうと思っていたのですが…。

 

また次回にします!

 

長文で、読むのは大変だったでしょうか;;

分かりやすくしたつもりです!是非興味を持ったらドラガリ始めてみてくださいね!

 

それではまた('ω')ノ

もし記事が面白かったら、「『はてなスター』ボタン」や「『読者になる』ボタン」、是非お願いします!m(__)m

記事の拡散や、コメントもお待ちしております!本当に励みになります!

 

 

*1:すみません、テキストリンクするのすごい面倒なのでやってません;;Ctrl+Fでページ内検索かけてね。

*2:第一章で王様(父上だが、何かに操られてるっぽい。)にさらわれた。

*3:さっきのエミュールっていう小物。

*4:ほんと筆者はこんな感じでセリフを汲み取りながらモノを読みます。

*5:という名のもとにクエストへのスムーズな導入。素晴らしい。

*6:契約石には大きさがある。

*7:ダメージ倍率が、有利属性は1.5倍、不利属性は0.5倍になります。よくある三すくみで、「水→炎、炎→風、風→水」です。つまり、主人公の炎タイプは、マーキュリーの水タイプに弱い。

*8:ガタイの良いおっさん

*9:契約の偽りがあると切れるらしい??

*10:パパ