ゲームに身長は関係ないし。

160.8cmの世界から見る、さまざまなゲーム日記と日常。

ガチマ日記。計測。

f:id:dezitariann777:20190506234510p:plain

 

とりあえず計測は終わりました!!

 

 

どうも、デジタルです。GW終わったとか嘘だよね?

 

 

Splatoon2

現在までのガチマッチまとめ。

ガチエリア。

f:id:dezitariann777:20190506230632p:plain

▲ 5月ガチエリア 計測

計測は6勝4敗でした。

 

うーん・・・。

気持ち的には0勝10敗みたいな。

2300越えでなんとか首の皮一枚繋がった感じある。

 

 

f:id:dezitariann777:20190506231650p:plain

▲ 5月のガチエリア ステージ

個人的に苦手なガンガゼチョウザメがエリアに入ってるってのも若干あり。

どっちのステージも、スプスピ使ってて綺麗に打開できたイメージが無いんですよね(´・ω・`)*1

 

とりあえず、得意の『スプスピらしからぬ前線の動き』は2300のレートではあまり輝かない気がしたので、ステージによってはクーゲルで場を凌いでます。

やっぱ射程あると初動と抑え強いよなー。

フジツボクーゲルとか、初動正面網行ってばちこりキル取れるから好き。

f:id:dezitariann777:20190506230539p:plain

▲ 追い込まれた時、クーゲル持ちがち。キルでゴリ押す。

 

ガチヤグラ。

f:id:dezitariann777:20190506231406p:plain

▲ 5月ガチヤグラ 計測

7勝3敗とかかな?

思ったより勝てました!

 

何度もブログで書きましたが、やっぱりハイプレで無理やりカウントを止められる&稼げるのが強いです。

f:id:dezitariann777:20190506231614p:plain

▲ 5月のガチヤグラ ステージ

今回ステージもかなり恵まれている印象。

 

タチウオやショッツル、Bバス辺りは攻めのハイプレが強いし、ハコフグは攻めも守りもハイプレ最強。

モンガラやスメーシーは長射程動きやすいですからねー。

 

コンブ&デボンヤグラは、無印バレル強くないです。

この2ステ避ければ、ある程度高い数値出せるんじゃないかな?

ガチホコ。

f:id:dezitariann777:20190506232147p:plain

▲ 5月ガチホコ 計測後数戦。

5月のレート、序盤では一番高い数値をたたき出しました!!

XP2552。ホコだけで見ると、自己ベストです。

この記事の見出し『最終ガチパワー。』を見るとわかりますが、これで全ルールXP2550越えを経験したことになります!!!

やったーーー!!!

 

やはり、どう考えてもこのルールはハイプレが最強です。

ミサイルやボムなどの邪魔が無ければ、ほぼ確実にホコを止められます。絶対に強い。*2

 

ステージ的にもバレル強い(アロワナとかある)ので、詰めていきたいですね!

もしかすると初のXP2600がホコだったりして!?

f:id:dezitariann777:20190506234510p:plain

▲ 月初なので殆ど参考にならないが、100位初めて切れたかも。

ガチアサリ。

 

はい。

 

ホコが天国なら、アサリは地獄でした。

 

ここ数か月で見れば自己ワーストの、2200切りを達成しました。

やったー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

やったーじゃねえよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

全ガチルールにおいて、味方との連携が絶対に必要なガチアサリ。

1人じゃ勝てないです。絶対に。*3

 

しかし、もうご覧の有様というか、すべてがひどい。

 

f:id:dezitariann777:20190506233023p:plain

▲ 名前が弱い。

まず、名前からして勝てそうにないです。

ここは魔境です。

f:id:dezitariann777:20190506233224p:plain

▲ ガチアサリが完成したと勘違いして、ちっちゃいアサリをゴールに投げ込むあやかちゃん。かわいい。

ここのレート帯は、きっと「どうして勝てたんだろう!?まぁいっか!ナイスー!」って感じなんです。

先月王冠取った自分は、何故ここにいるのでしょうか????夢???

 

比べてもしょうがないんですけど、2500部屋と何かが違い過ぎてヤバいです。

武器もいわゆる『マイナー武器』が多いです。プラベチュとかスプスピとか殆どいないのヤバくないか??????

 

とりあえず気合でなんとか2300くらいには戻します。。。。。

戻せるのか・・・?わからん・・・・・・・・ダレカたすヶテ。。。。。。。。。

f:id:dezitariann777:20190506233640p:plain

▲ グロ中尉。

全体を通して。

f:id:dezitariann777:20190422173330p:plain

▲ アサリのパワーから目を背けるデジタル

まず、計測全ルールで、初戦負けしているのがダメな気がしました。

 

ガチマッチって上振れたら勝てると思うんですよ。

2600行きそうな時とか、マジでアドレナリン的な何かが身体中を巡っていた感じ。

スーパーサイヤ人3くらいだった。

 

でも、1戦目の部屋パワーが全部2200くらいで、「え、なんで先月頑張ったのに低いの・・・」って心のどこかで思っちゃって

何かこう、自信を無くした立ち回りをしちゃったのかな。

特にアサリは本当に泥沼でした。

 

 

とりあえず、終わってしまったことは仕方ない!

というか計測が実力じゃないし、これからパワーを上げていけたら良い事!!!!

前向きに取り組んでいきます;;

さいごに。

本日の記事まとめ。

本日は、スプラのガチマについてでした。

駆け足気味になってしまいました。もうしわけ~~~~~~

本日の出来事。

f:id:dezitariann777:20190506225826p:plain

▲ ブログ更新が遅れたストレスと焦りから髪の毛が殆ど抜け落ちてしまい老化が進行してしまったデジタル(イメージ)

すみません、ブログ更新かなり遅れてしまいました・・・。

帰宅したのが22時過ぎだったのと、お腹が空き過ぎてブログどころじゃなかったので、少しのんびりさせていただきました。*4

 

明日からGW明けですよ。シンジラレナーイ。

ブログ書きだめしなければ・・・。

f:id:dezitariann777:20190506225306p:plain

▲ ヒルマン監督。

次回予告。

f:id:dezitariann777:20190506225410p:plain

▲ 次回予告『質問箱』

半年以上前の質問に答えるシリーズ第6弾!

推してるキャラはツカムだけじゃないぞ!!!

ん?そういえばチェンクロ1週間くらいログインしてな・・・おっと誰か来たようだ。

 

次回、「デジタル、パンティに空目する」。

デュエルスタンバイ!

 

 

 

それではまた('ω')ノ

もし記事が面白かったら、ブログ投稿ツイートの拡散や、シェアを是非お願いします!m(__)m

「『はてなスター』ボタン」や「『読者になる』ボタン」、コメントもお待ちしております!

 

 

本日のゲーム紹介。

Splatoon2

f:id:dezitariann777:20190112201810p:plain

ゲームについて。

「世界を塗り替えなイカ?」

 

 2018年に「Nintendo Switch」専用アクションシューティングゲームとして発売されたSplatoon2。前作のWiiU専用ソフト「Splatoon」に次ぐ、シリーズ二作目である。

TPS(三人称視点)のシューティングゲームで、プレイヤーは「インクリング」と呼ばれるヒト型のイカを操作し、「ブキ」を使って「インク」を飛ばし、4vs4のチーム戦を行う。

代表的なレギュラールール「ナワバリバトル」は、3分間の間にステージの地面を塗りあい、より多くの地面を自分のインクに染めた側の勝利となる。

 

舞台は、現代から12000年後の世界にあるハイカラスクエア。インクリング達の流行の最先端であるこの場所では、バトルで使用する「ブキ」や「ギア」を購入することが出来る。

ギアには特殊能力(ギアパワー)が付いていて、ギアを組み合わせることでその効果を存分に発揮することが出来る。

PvPのネット対戦が主流だが、他にも1人用モード「ヒーローモード」や、PvEモード「サーモンラン」といった、様々なモードが用意されている。

Digital's tips.

 インクを塗りあうという今までにない発想で、革命的なゲームとなった前作「Splatoon」から2年。満を持して登場したのがスイッチ版のスプラ。

任天堂のゲームらしく、馴染みやすいポップな世界観とキャラクターは、小さな子供を中心に人気となり、大きな子供を中心に話題となった

スプラ自体が人気コンテンツのため、公式大会や非公式イベントも盛ん。作中に登場する「テンタクルズ」や「シオカラーズ」のライブ等も行われる。コンテンツの寿命は衰えを知らない

 「ナワバリバトル」でフレンドとワイワイ遊ぶのも良いし、レート制の「ガチバトル」で、全国の強豪たちと闘うのも良い。

ただ、ナワバリは初心者と上級者がマッチングすることもあるし、ガチマッチではブキ編成の差が出ることもある。

実力がある程度均衡する『ガチマッチ』は、「編成ジャンケン」と言われるほど、武器編成で勝負が決まることもある。

チームを組み、ガチルールを〇本先取で行うプライベートマッチ『対抗戦』で、チーム力や個人技を向上させるのもよし。

 前作と比べるとより味方との連携が大事になっているが、それを理解しないまま試合に臨むと、味方の足を引っ張りかねない。ゲームへの理解度と操作の練度が重要である。

 スイッチ自体の通信速度があまり宜しくないこともあるが、無線でプレイするユーザーやサーバー状況等で、ラグ等が発生することもしばしば。非公式大会では、ペナルティを科す等、問題となっている。

*1:汚い打開は記憶にある。例えば右網から無茶して無理やり1~2枚持ってったり。けどその打開は所詮「ワンチャン」なのだ。

*2:たまに見失って逃すこともあるけど・・・。

*3:永遠とリスキルすれば勝てるかも。

*4:今日も元気に千切りキャベツとゆで卵。