ゲームに身長は関係ないし。

160.8cmの世界から見る、さまざまなゲーム日記と日常。

XP2600を目指した理由と、その後。

f:id:dezitariann777:20190622205856p:plain

 

真面目な記事。

 

 

どうも、デジタルです。ポテトLサイズ食べたー!

 

 

Splatoon2

はじめに。

昨日の記事。

見て無い人は先に見てね。

www.dezitariann777.com

今日は、昨日投稿した『【祝】XP2600!』から繋がる記事です。

まだコチラの記事をご覧になっていない方は、先に見ておくことを推奨します!!!

 

光と影の物語。

それでも面倒な人が居ると思うので、三行にまとめました。

 

  • XP2600行ったよ!
  • 実は、あれは表舞台で、裏では別の目的があったよ!
  • 明日の記事(この記事)では、そのことについて話すよ!

 

昨日の記事が「光」なら、今日の記事は「影」です。

 

XP2600を目指した理由。

はじめに。

達成したあとが大事。

 

今回成し遂げたから引退するとかではなく、この達成は何に繋がるか??

 

一種の称号ですから、ある程度実力があるという証明が可能になりました。

これは、ゲームにおいて「デジタルは“ある程度”上手い」と思ってもらえる機会が増えたという事です。

気分は良いですよね。

 

ただ、それが第一の目的で頑張ったのではありません。

 

 

すべては、このブログのためだったのです。

とある攻略ブログのこと。

事の発端は甲子園。

f:id:dezitariann777:20190606163331p:plain

▲ Splatoon甲子園。オフラインの公式大会。

キッカケとなった昔話。

昔と言っても、5か月前のこと。

 

甲子園の練習に明け暮れていたデジタルは、チームメンバーのねばねばくんとギアの考察をしていました。

 

 

すると、ねばくんがとあるブログを発見します。

 

そのブログの内容は・・・。

ギアパワーの場所によって、同じ数を積んでいても差が生まれるらしいよ。

 

は!?

 

そのブログでは、同ギア内に同じギアパワーを付けるのと、別ギアに同数のギアパワーを付けるのとでは、差が生まれるというもの。

その方の検証結果では、部位別のギアにそれぞれ0.1ずつジャンプ短縮を積むと、同ギアにジャンプ短縮を0.2積むより僅かに早くなるという結果でした。

 

 

分かりづらいので、画像で説明。

そのブログではつまり、①の積み方より、②の積み方のが時間が短縮されるということらしい。

f:id:dezitariann777:20190623204213p:plain

▲ ①の積み方。「頭」ギアに対して、ジャン短を0.2積んでいる状態。

f:id:dezitariann777:20190623204320p:plain

▲ ②の積み方。「頭」ギアにジャン短を0.1、「服」ギアにジャン短を0.1、合計0.2積んでいる状態。

 

もしそうなら一大事。

f:id:dezitariann777:20190623203601p:plain

▲ は?

いや、あり得んて。

 

もしそうならもっと話題になっていることだし、プロアマ問わず、誰かが気づいているはず。

特に上位勢はまったくそのことについて書いてないし。

 

どうして僕がここまでイラついたかというと、そのブログは収益化されており、いわゆる「アフィリエイト」が組み込まれていたんです。

 

 

もし本当ならすごい発見だけど、嘘だったらオマエはその嘘でメシ食ってるんか?

 

検証を重ね・・・。

f:id:dezitariann777:20190623203128p:plain

▲ 実際の検証動画。(限定公開のため、見ることはできません。)

僕は怒ったので、検証動画を作りました。

 

その人は「慣れない編集ソフトで数日かけて検証した」とか抜かしてましたが、僕は1時間も経ちませんでしたよ。

絶対フレームレートわかってないでしょ。

 

 

検証結果、そんなわけが無かったことが発覚しました。

 

その後。

f:id:dezitariann777:20190623203501p:plain

▲ 呆れる・・・。

検証動画と共にねばくんが言及してくれました。

 

 

しかし、当の本人はこう言います。

 

「重複すると効果が少しずつ薄れる」という公式情報を踏まえました。

 

 

いや、それって「ギアパワーの合計数が増えるほど重複して薄れる」のであって、「同じ部位のギア枠の場所に重複している」という意味ではないよ・・・。

 

 

その方はウデマエB+の方でした。

うーん・・・。(*1

 

説得力。

キーワード。

 

そう、キーワードは「説得力」

 

 

もしその方が「XP2800です!」と言おうもんなら、信じてしまったかもしれないです。

検証もしなかったと思う。

 

「ろくにゲームへの熱量が無いのに、不確かな検証で、何でお金貰ってるんだお前は!」と。

 

貴方を詐欺罪として訴えます;;(*2

 

責任感。

www.dezitariann777.com

僕のブログも、ここ最近ついに収益化しました。

より一層責任感が増し、嘘の情報は流したくないと考えるようになりました。

 

 

そのためにはまず、こう思ったわけ。

 

パワーを上げればいいのでは?

 

実力が無い頃は。

www.dezitariann777.com

半年以上前のこの記事。

割とアクセスがあります。(*3

 

 

ただ、半年前なんです。まだまだ下手くそだった時代。

 

当時上位勢だった人からすると、

なんだこいつ?デジタルってだれ??上手くないのにね。

ってなるんです。

 

 

それが今はどうでしょう。

“ある程度”信用できませんか?ヾ(o´▽`)ノ

「説得力」で出来ること。

①スピナーのこと。

f:id:dezitariann777:20190623210504p:plain

▲ バレルスピナー

www.dezitariann777.com

まず、スピナーについて多く語れるようになります。

以前いただいた質問も、正直「僕なんかが答えていいのか・・・?」と戸惑いながら書いていました

 

今だったら自信満々にかけるぞ!

 

②ガチマッチのこと。

f:id:dezitariann777:20190606153409p:plain

▲ ガチマッチ。

まだXP2600とひよっこではありますが、今後書いていくガチマのことにも「説得力」が増すのではないでしょうか。

 

「ガチマッチ 勝ち方」という検索ワードでこのブログにたどり着いた方もいらっしゃいました。(*4

勝ち方といっても大雑把ではありますが、気持ちの持ち直し方等のメンタル面、立ち回り等は書けそう。

見ている人も少しは参考になるかも・・・しれない・・・?

 

③ナワバリ金旗のこと。

f:id:dezitariann777:20190623210540p:plain

▲ スプスピ金旗。

スプラトゥーン甲子園の5回目が開催決定されるので、ナワバリルールはこれから注目を集めていきます

100傑の実績があるわけではありません。

しかし、何もないよりは、XP2600という実績は説得力があると言えましょう。

 

割とありきたりな内容にはなると思いますが、デジタル流を少しでも組み込めれば・・・!

 

④配信でのこと。

www.openrec.tv

www.openrec.tv

僕の配信は、めちゃくちゃ喋ります

 

自分が何を考えながらプレイしているかを伝えるため、そして言葉に出して確認するためです。

 

これがXP2000とかなら、「何ぐだぐだ言ってんだコイツ」ってなるところ。

ガチマで伸び悩んでいる人が僕の配信を見て、意味を汲み取ってみてくれるようになればいいなぁ。

 

⑤スプラトゥーン甲子園などのオフラインイベントのこと。

www.dezitariann777.com

www.dezitariann777.com

オープン戦の記事を書いたこともありました。

4月は既に2600近かったので割と自信満々に書いていたわけですが、今回達成できたことで、より意味のある記事になったかなと思います!

 

第5回のスプラトゥーン甲子園も分析出来たらいいねえ。 

さいごに。

“ある程度”

本日たくさん登場した言葉、「ある程度」。

 

大口を叩いていますが、実際上位からするとXP2600なんて通過点に過ぎません

そういう方からすると、このブログはただのイキりです。

 

 

だから、ある程度。

 

 

次はXP2700を目標に、ガチマの気持ちを切らさず、更に説得力を増せるように頑張っていくぞ(^ω^)

本日の記事まとめ。

本日は、XP2600を達成する真の目的と、その後の可能性についてでした。

 

 

自分が嫌だと思ったことを、自分がそのまま行うことはしたくありませんでした。

ましてや、少なからずではありますが数十円でも頂いているわけですから、何とかして発言力を上げたかった!!!!

 

今日からは“ある程度”、日々のブログを信用の目で見て頂けるようになったのではないでしょうかヾ(o´▽`)ノ

本日の出来事。

全サイズ150円。

 

やっちまったよ・・・・・

 

最高でした。

久しぶりのマック。

次回予告。

f:id:dezitariann777:20190623211729p:plain

▲ 次回予告『サーモン&リグマ&プラベ』


かぶとさん、てぃだくん、りれさんとのリグマ!

にーなさん、あんじぃさんとのサーモン!

Rさん、ぴーまんさん、バジルさんらのプラベ! 

 

次回、「デジタル、めっちゃあそぶ」。

 

 

 

それではまた('ω')ノ

もし記事が面白かったら、ブログ投稿ツイートの拡散や、シェアを是非お願いします!m(__)m

「『はてなスター』ボタン」や「『読者になる』ボタン」、コメントもお待ちしております!

 

 

本日のゲーム紹介。

Splatoon2

f:id:dezitariann777:20190112201810p:plain

ゲームについて。

「世界を塗り替えなイカ?」

 

 2018年に「Nintendo Switch」専用アクションシューティングゲームとして発売されたSplatoon2。前作のWiiU専用ソフト「Splatoon」に次ぐ、シリーズ二作目である。

TPS(三人称視点)のシューティングゲームで、プレイヤーは「インクリング」と呼ばれるヒト型のイカを操作し、「ブキ」を使って「インク」を飛ばし、4vs4のチーム戦を行う。

代表的なレギュラールール「ナワバリバトル」は、3分間の間にステージの地面を塗りあい、より多くの地面を自分のインクに染めた側の勝利となる。

 

舞台は、現代から12000年後の世界にあるハイカラスクエア。インクリング達の流行の最先端であるこの場所では、バトルで使用する「ブキ」や「ギア」を購入することが出来る。

ギアには特殊能力(ギアパワー)が付いていて、ギアを組み合わせることでその効果を存分に発揮することが出来る。

PvPのネット対戦が主流だが、他にも1人用モード「ヒーローモード」や、PvEモード「サーモンラン」といった、様々なモードが用意されている。

Digital's tips.

 インクを塗りあうという今までにない発想で、革命的なゲームとなった前作「Splatoon」から2年。満を持して登場したのがスイッチ版のスプラ。

任天堂のゲームらしく、馴染みやすいポップな世界観とキャラクターは、小さな子供を中心に人気となり、大きな子供を中心に話題となった

スプラ自体が人気コンテンツのため、公式大会や非公式イベントも盛ん。作中に登場する「テンタクルズ」や「シオカラーズ」のライブ等も行われる。コンテンツの寿命は衰えを知らない

 「ナワバリバトル」でフレンドとワイワイ遊ぶのも良いし、レート制の「ガチバトル」で、全国の強豪たちと闘うのも良い。

ただ、ナワバリは初心者と上級者がマッチングすることもあるし、ガチマッチではブキ編成の差が出ることもある。

実力がある程度均衡する『ガチマッチ』は、「編成ジャンケン」と言われるほど、武器編成で勝負が決まることもある。

チームを組み、ガチルールを〇本先取で行うプライベートマッチ『対抗戦』で、チーム力や個人技を向上させるのもよし。

 前作と比べるとより味方との連携が大事になっているが、それを理解しないまま試合に臨むと、味方の足を引っ張りかねない。ゲームへの理解度と操作の練度が重要である。

 スイッチ自体の通信速度があまり宜しくないこともあるが、無線でプレイするユーザーやサーバー状況等で、ラグ等が発生することもしばしば。非公式大会では、ペナルティを科す等、問題となっている。

*1:ウデマエで決めつけるのはよくないが、最後の発言からしても理解度が浅い。

*2:今流行りの「ワザップ」パロディ。

*3:未だに応用編がかかれていない???気のせいでは?????????????

*4:はてなブログは、どういう検索ワードでブログへアクセスしてきたか、分かるようになっています。