ゲームに身長は関係ないし。

160.8cmの世界から見る、さまざまなゲーム日記と日常。

女子会マリオカート。

f:id:dezitariann777:20191001151023p:plain


おしかった!(1位)

 

 

どうも、デジタルです。はいココ!(スタートダッシュ)

 

 

マリオカート8 デラックス

フレンドマッチ。

あかね、mii、あくせら、ムーチョ、ハイフン、よーすけ。

あかねさんから。

 

デジタルさんこんばんは!今夜いつもの時間からマリカどうですか?( ^o^)

 

はいはいはいはい!!!帰宅しましたーー!いきます!!!

 

おかえりなさい~!!!ゆっくりでだいじょうぶですよ~!

 

すぐいく!はしっていく!

 

 

 

 

そろそろぬけます

 

ちょっとまって

 

f:id:dezitariann777:20191001160454p:plain

▲ 茶番劇の元ネタ

 

という茶番劇を終え、あかねさんらとマリカーしてきました!!(*1

あくせらさんmiiさんムーチョさん、そして配信から合流してくれたハイフンさんよーすけさん、ありがとうございました( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )!

 

アーカイブ。

OPENRECにて配信。

 

配信もしました!!!

アーカイブはコチラです。

 

全員女子だったので、このようなタイトルにしました。釣られくまー。

 

ワイワイがやがや。

はいココ!

f:id:dezitariann777:20191001160832p:plain

▲ 01:06:46~「女子会マリオカート8!!!!ウィッヒイイイイ!wwwwwwwwwwwww」より。

ほぼフレンド部屋の国内マッチングでした!

 

12人中8人が知り合いだったかな?

 

通話もあるから、スタートダッシュで嘘のタイミングを皆に伝えるの好き。

まじで性格悪い。ごめん。

 

1位争い。

デジタルがんばる。

f:id:dezitariann777:20191001161326p:plain

▲ 王冠デジタル

個人的には、割と上位とれたかなって感じ!!

みんな上手いから、殆ど1位とれないけどww

 

遊んでいる分、コースも徐々に覚えてきました( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

 

黙るあくせら。

f:id:dezitariann777:20191001151023p:plain

▲ 01:37:00~「女子会マリオカート8!!!!ウィッヒイイイイ!wwwwwwwwwwwww」より。

 

あと、あくせらさんが黙ってるときは上位になるの面白い。

今回は普通にミュートだったけど、普段から静かになったときは1位取ってたりする。

 

そしてこのmii顔でこの煽りよ。

 

 

本人曰く、

話すとキャパオーバーする

らしい!

 

わかるw

 

さいごに。

本日の記事まとめ。

本日は、マリオカートについてでした。

 

とにかく、たのしかったーーーー!!

またやりたいね( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

 

アーカイブ見て、楽しさ伝わればいいな~。

 

次回予告。

f:id:dezitariann777:20191001163137p:plain

次回予告『リグマと対抗戦』

フェイト、かぶと、りれリグマ!

ねこ、ななぷく、もち対抗戦!

シムカ、かず、ふゆひこ対抗戦!

 

次回、「デジタル、海賊王に、俺はなる!」。

 

 

 

それではまた('ω')ノ

もし記事が面白かったら、ブログ投稿ツイートの拡散や、シェアを是非お願いします!m(__)m

「『はてなスター』ボタン」や「『読者になる』ボタン」、コメントもお待ちしております!

 

 

本日のゲーム紹介。

 

マリオカート8 デラックス

f:id:dezitariann777:20190929203435p:plain

ゲームについて。

あらゆる場所がサーキット!

レース、バトル、すべてがデラックス!

 

マリオたちがカートに乗ってコースを駆け巡る『マリオカート』がデラックスになって登場。

シリーズ最多42人のキャラクターが、水中、大空、いろいろな場所を走る。

コースもシリーズ最多の48コース。

『ゼルダの伝説』や、『どうぶつの森』を舞台にしたコースも。

 

ドリフトやロケットスタート、ミニターボやスピンターンなど、さまざまなテクニックを使って闘っていく。

レース中に手に入るいろいろなアイテム。コウラを投げてスピンさせたり、キノコを使ってダッシュしたり、うまく使えば一気に逆転も。

Digital's tips.

 2014年5月29日に発売されたWiiU用ゲームソフト『マリオカート8』の移植版として、NintendoSwitchにて発売された。

発売日は2017年4月28日。

「マリオカート」シリーズの最新作である。

 

 前作の要素である「反重力エリア」では、コース上の壁や天井に張り付いて走ることが出来る。

前シリーズには無かった立体的な走行が、本作の特徴の1つである。

 

 走るマシンは、好きなパーツを組み合わせて自由にカスタマイズ。

自分好みの見た目だったり、自分にあった性能を選べるので、一種の着せ替え要素として飽きを感じさせない。

 

 勿論、インターネット対戦も存在する。

「国内マッチング」か「海外マッチング」を選べるが、通信相手によってはどうしてもラグは発生する。

レート制なので、自分の実力を高めるには持ってこいのモードだ。

 

 ライン取りやアイテムの使用方法により、プレイヤーの練度の差が顕著に現れる

アイテムはかなり強力で、上位に居たかと思えば、赤コウラ1つで最下位まで転落することも珍しくない。

アイテムゲー」とも言われたりする。

*1:あかねさんとこのやりとりするの好き。